スウェーデンクッキー箱 日本全国普及プロジェクト《シーズン2021 AW》「経過報告 #01」

リッラ・カッテンのお菓子が日本のどこまで届いているのか、ふと気になりました。そこで、ご注文いただいた都道府県は白地図で色を塗ってみることにしたのです。

最後に最新の地図を掲載していますが、まずは今回のプロジェクトを始めようと思った経緯も説明させていただこうと思います。Twitterの140文字じゃ足りないので。

「7種類のスウェーデンクッキー箱」のご注文ページ
» ONLINE STORE「7種類のスウェーデンクッキー箱」

スウェーデン菓子をオンライン販売しはじめたきっかけ

リッラ・カッテンは神奈川県逗子市にあるスウェーデン菓子店です。逗子といっても、多くの方がアタマに浮かべるような砂浜の甘い匂いが薫るような場所ではありません。

お店は、京急逗子線の神武寺という小さな駅にほど近い場所にあります。横浜市と逗子市の境目にほど近い、海まで歩くにはちょっと遠い場所で、低い山に囲まれたエリアです。

それほど住宅が密集しているわけでも、外からあまり人が流れてくるような場所でもないため、電車に乗ってイートインを利用しにきてくださるお客さんも大事な存在でした。

しかし、感染症の影響によりお店に足を運んでもらうことが難しくなったことから、2020年4月あたりからオンラインでお菓子の注文を受けることにしました。それをきっかけに全国にスウェーデンのお菓子を届けるようになったのです。

オンライン注文スタート時点でスウェーデンの人気のお菓子「セムラ」を提供して、多少なりとも注目を集められたこと。そして当店がオンライン受注を始めたという情報を様々な方が広めてくださったこともあり、そこそこのスタートダッシュを切ることができました。

おかげで今でもお店と全国の方をつなぐ、スウェーデン菓子のオンライン受注を隔週ペースで続けることができています。ありがたいですね。


全国にスウェーデン菓子を発送する不思議な感覚

先にも述べましたが、お店があるのは神武寺という小さな駅の近くにあります。

そんな場所から全国にスウェーデンのお菓子を発送するというのは、なんだか不思議な感じがするものです。数は決して多くはないとはいえ、こんな小さな店から全国にスウェーデン菓子を発送していることに身の丈の合わなさを感じるからでしょうか。

きちんとデータを取っていないので不確かなのですが、スウェーデン菓子の発送をこれまで1年以上続けてきて、ふとこんなことを思うようになりました。

「もしかすると、もう47都道府県にスウェーデン菓子を届けられたのかな?」と。


じゃあ日本地図に色を塗ってみよう

オンライン受注を実現するために利用しているネットショップに残っているデータを確認すればある程度答え合わせができてしまうものですが、あえてそれはやらずに。白地図を使って、これからご注文いただく注文を都道府県別に色で塗ってみることにしました。

そうすることで、見知らぬ誰かとスウェーデンというキーワードで繋がっている感覚が地図によって可視化されます。地図に色を塗るだけで、その地にいる会ったこともない誰かについて様々な想像が膨らみませんでしょうか。

自分の実家はいま茨城にあるので茨城を例にしますけれども、茨城に住んでいる方がこの地図を初めて目にしたら「あ、茨城に色が付いてる!」って、ちょっと気になると思うんです。

直接繋がれるわけではないのだけれども「茨城のどこかに自分と同じくスウェーデンに興味を持つ誰かがいる」という確信を、この白地図が持たせてくれるのです。

この感覚はラジオに近いと思います。いまはネットがあるので事情は違いますが、かつてのラジオリスナー同士は基本的に繋がりあうことができませんでした。しかし、同じラジオ番組を聴いている人間同士、どこか強いシンパシーを得られる感覚は想像できませんでしょうか。

お店を利用して下さる方同士のココロを、ゆるーく繋いでみたい。そんな思いも込めた白地図です。


9月6日(月)発注分までの注文状況はこちら

画像のみを表示

2021年9月6日にいただいた注文までを反映させた地図がコチラです。

スマホなどで画像が小さくて見づらい方は、画像をクリック(タップ)すれば別窓で開くようにしてあります。

さすが関東。そして東北の皆様、お待ちしております(笑)。

それにしても、Twitterでこのアソビをお知らせした時点では、今日だけでここまで色が増やせるとは正直思っていませんでした。ノってくださった皆様、ありがとうございます。勢いで注文してしまって、後悔している方はいませんか、大丈夫ですか?

もちろん地図に色を塗っていくことが最終目標ではなく、お店としては注文していただいたクッキーで楽しい時間を送っていただけることが大事だということは忘れません。

既に色が塗ってあるところにお住まいの方でも、もちろんクッキーを注文していただいていいんですよ。今後とも、よろしくお願いいたします。

「7種類のスウェーデンクッキー箱」のご注文ページ
» ONLINE STORE「7種類のスウェーデンクッキー箱」
リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2021 © スウェーデン菓子「リッラ・カッテン」