スウェーデン菓子店、深夜のねごと@21年08月25日(水)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて。

営業時間のお知らせ

  • イートイン営業を一部再開
    現在、店内でのイートインは一席のみで再開しました。遠方からお越しの方は、席の予約をお勧めします(予約はコチラから)。

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日と隔週土曜日は12時オープンです。詳しくは営業カレンダーをご覧ください(他の営業日は従来通り11時オープン)。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー『スウェーデン菓子』」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


リッラ・カッテンは、今年の8月27日(金)で5周年となります。

そこで。8月27日(金)にお店で税込1,000円以上お買い上げくださったお客さんに、ささやかながら今年も周年記念のノベルティをお渡しします。昨年と同様、切手です。ちゃんとハガキに貼って使えますよ。

昨年は2枚組でしたが、今年はなんとグレードダウンして1枚!これまで何度かノベルティを作ってみて、ようやくウチの店の規模に居心地のいいノベルティが見つかった気がします。

イラストは19世紀からスウェーデンの子供雑誌などの分野で活躍していた「Ottilia Adelborg(オッティリア・アーデルボリィ)」というイラストレーターが、1894年に発表した「Blomstersiffror(花数字)」より。

スウェーデンにおいて身近な草花を擬人化し、数字と組み合わせた連作で、20までの数字が収録されています。20周年まではこれでイケます。

8月29日(日)にもスウェーデン菓子の注文受付を実施する予定ですので、そこでご注文くださった方にもノベルティ切手をお送りする予定です。しかし、実店舗での配布を経て何枚残るかによってお渡しする条件が変わってきそうですので、またお知らせします(スミマセン)。

さて。5年も経てば落ち着くかというと、そうでもなく。Twitterでその様子を投稿したりもしていますが、店の看板をつくってみたり、店内の壁にペイントしてみたり、むしろ5年目にして新しくやりたいことがたくさん見つかるようになってきました。

さらに楽しい店になれるよう邁進していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2021 © スウェーデン菓子「リッラ・カッテン」