スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年11月12日(木)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日と隔週土曜日は12時オープンです。詳しくは営業カレンダーをご覧ください(他の営業日は従来通り11時オープン)。

  • イートイン営業を一部再開しました
    イートインを実施していない曜日も多いので、イートインご希望の方は営業カレンダーを確認の上でご来店ください。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


実施日や客席を限定してイートイン営業を再開しました。イートイン利用をご希望の方は、ご来店前に「営業カレンダー」をご確認ください。

今週末11月15日(日)12時ごろ~18時を目処に、オンラインストアにてお菓子の注文受付を行います。

今回、新しく並べるスウェーデン菓子は(菓子パンだけど)、「Lussekatt(ルッセカット)」です。ルシア祭という祝い事に関連して、「ルシアパン」と呼んでもいいかもしれません。

毎年12月13日、かつて16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、ルシア祭は北半球の冬至の日だったそうです。スウェーデンだけでなくいくつかの国でこのお祝いは存在しますが、ここではスウェーデンのルシア祭にのみ言及します。

Magnus, Lindberg och hästen Mariより
出版:R&S、作:Hans Peterson、絵:Ilon Wikland

正直、本格的にルシア祭のことを知ろうとすると小難しいハナシになるので、1968年に出版されたスウェーデンの絵本「Magnus, Lindberg och hästen Mari(マグヌスとリンドベリィと馬のマリィ)」の1ページでルシア祭の雰囲気を。

光の聖人ルシアに扮した女性を先頭とした、ルシア行列が行われている小学校の様子です。暗い冬を照らす「ルシア」が頭にロウソクを灯し、それに「ルシアのお付き役(行列の中盤)」や、「星の少年役(行列の最後)」が従って歌いながらやってくる様子を静かに見守ります。

ルシア役がルッセカットやジンジャークッキーなどを配り歩く場合もありますが、このシーンでは既に生徒それぞれにルッセカットが配られています。

ルシアの日は行事こそあれど祝日ではないので、こうして学校や職場などでルシア行列が行われたりします。職場におじさんしかいなければ、おじさんがルシア役を担うこともあるそうです。

以前自分で書いたページが残っているため、スウェーデンのルシア祭についてもう少し詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください(4年ほど前に書いて、手入れしてないので読みづらい箇所もあるかも)。

本当にすべてを理解しようとすると大変なので、「そんなことするんだなぁ」くらいの理解でいいと思います。


ルッセカットのパン生地にはサフランを入れて黄色にします。なぜ黄色にするのかというと、冬の暗闇を照らす光を表現しているから。

簡潔に言えば、ルシア祭とは、ルシアという聖人も光を象徴する存在があったり、光を表現する菓子パンがあったり、とにかく光を崇める祝祭ということです。

味は決して派手ではないかもしれませんが、季節のモノとしてルッセカットが好きというスウェーデン人は多そう。


で。ルッセカットにはいくつかのフォルムがあります。リッラ・カッテンで提供するのは「julgalt(ユールガルト)/kuse(キューセ)」と名付けられたフォルムのもの。

ややこしいのですがルッセカットのフォルムの一つに「lussekatt(ルッセカット)」というものもあります。写真一番下の段の『X』のような形をしたヤツです。先の絵本のなかで生徒たちに配られていたルッセカットも、この「lussekatt」のフォルムでしたね。

でも、サフラン入りの黄色いパンにレーズンで飾り付けしてあれば、それはもうルッセカットなので、フォルムの名前を一つずつ知っておく必要はあんまりないと思います。

多分、スウェーデン人にルッセカットを指して「これは”ユールガルト”っていう名前のカタチだね」って言っても、「マニアックだね」という評価が付くくらいで盛り上がらない…という予想に一票。

今回の注文ではルッセカットの数があまり作れないかもしれないので、なるべく多くの方に届けられるように、お一人につき1セット(4個)の購入のみとさせていただく予定です。

では今週末11月15日(日)12時ごろ~18時、よろしくお願いいたします。


最後に。今回、当オンラインストアが利用しているBASEによって5%クーポンコードが発行されています。

紹介しておきながらアレですが、注文時の情報入力の際、どこかにクーポンコードを入力する場所があると思うので、それを入力すれば”きっと”使えます(クーポンに関する質問はBASE社にお願いすることになります)。

注文手続きが完了した後からクーポンを利用することはできないそうなので、お気を付け下さい。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」