スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年10月01日(木)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日と隔週土曜日は12時オープンです。詳しくは営業カレンダーをご覧ください(他の営業日は従来通り11時オープン)。

  • イートイン営業を一部再開しました
    イートインを実施していない曜日も多いので、イートインご希望の方は営業カレンダーを確認の上でご来店ください。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


実施日や客席を限定してイートイン営業を再開しました。イートイン利用をご希望の方は、ご来店前に「営業カレンダー」をご確認ください。

今週末、10月04日(日)12時ごろからオンラインストアにてケーキなど生菓子の受注を行います。

今回はリッラ・カッテンで提供しているシナモンロールをオンラインストアに並べることにしました。以前、スウェーデンの菓子パン「Giffla(イッフラ)」からインスピレーションを得た「イッフラ風シナモンロール」を並べましたが、それとはまたちょっと別の、普段からお店で提供しているシナモンロールを提供します(お店では通常、巻き型のみ提供)。

スウェーデンのシナモンロールとして伝統的な形と言える”巻き型”と、近年においてその存在感を増してきている”結び型”の2種類を2つずつの、シナモンロールの食べ比べができる4͡個をセットにします。生地や配合が同じなのに、やはり成型の仕方で食感が変わってくるものです。

スウェーデンが発祥と言われているシナモンロール。スウェーデン語では「Kanelbulle(カネールブッレ)」といい、「kanel」はシナモン、「bulle」は菓子パンのような意味です。日本でいうところの「おにぎり」なのか、「おむすび」なのか、「にぎりめし」なのか、といったように呼び方はいろいろありますが、基本的には「カネールブッレ」で。

スウェーデンのシナモンロールの特徴は、生地にカルダモンを入れることや、パールシュガーをまぶすこと。スウェーデン人にとって、このシナモンロールはコーヒー文化の象徴とも言える存在で、コーヒーが提供されている場所には大体シナモンロールも用意されていると言っていいでしょう(ほぼ間違ってないと思う)。

リッラ・カッテンのシナモンロールは、日本人の好みに合わせて、現地の一般的なシナモンロールよりも若干柔らかめに作ってあるため、形状がパッキリと現れづらいという短所はあるかもしれませんが、味に関してはスウェーデンのそれよりも良いハズ。現地のセブンイレブンなんかで売っているシナモンロールなど、それはそれで安っぽくて情緒がありますけれども。

で、なぜシナモンロールを並べることにしたのかをこれから述べていきますが、ちょっと前までマジメに毎日ブログを書いていたころに読んでくださっていた方にとっては「またか」になるかもしれませんけれども。何度も言うよ、残さず言うよ。

スウェーデンで毎年10月4日といえば『シナモンロールの日』なのです。スウェーデンのホームベーキング協会(Hembakningsrådet)に所属していたKaeth Gardestedtさんにより登録された記念日です。祝日とかではありませんが、以下のような思想の下でこの記念日が登録されました。

《過去の当ブログより転載》

この「シナモンロールの日」という記念日制定の目的は、スウェーデンにおけるホームベーキングを象徴するシナモンロールの名を掲げることでスウェーデンの菓子パン文化への関心を高めるのが主目的であり、それを通じてイーストや小麦、砂糖にマーガリンの消費を促進する狙いなんかもあるようです。

そして、なぜこの10月4日が「シナモンロールの日」とされたのか。セムラだったり、ザリガニだったり、はたまたシュールストレミングだったり、そんな(すでに記念日が制定されているような)他の伝統的な料理とライバル関係にならない日を選んだらそうなった、ということらしいです。

参照:Wikipedia: Kanelbullens dag

つまり、何かシナモンロールに由来があった日だから10月4日になったというわけではありません。スウェーデンってこういうところ本当にテキトーだと思いますが、それくら肩の力を抜いた柔軟な発想を通せる気風は見習いたいです。日本は肩ひじ張りすぎなのだ。

こうしたお菓子にまつわる記念日は他にもあって、たとえば、こちらもオンラインストアに並んでいる『ブダペストロール(Budapestrulle)』の記念日が5月1日、『ジンジャークッキー(Pepparkaka)』の記念日が12月9日などがあります。

10月4日、オーダーいただくのは『シナモンロールの日』なのですが実際にお届けするのは数日後となってしまうのはご愛嬌。その日、シナモンロールの受注数に制限は設けない予定なので、スグに売り切れるということはありませんよ。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」