スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年09月23日(水)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日と隔週土曜日は12時オープンです。詳しくは営業カレンダーをご覧ください(他の営業日は従来通り11時オープン)。

  • イートイン営業を一部再開しました
    イートインを実施していない曜日も多いので、イートインご希望の方は営業カレンダーを確認の上でご来店ください。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


久しぶりにオンラインストアでのケーキ受注に関する事柄以外について触れたいと思います。

リッラ・カッテンのある神武寺駅の隣駅である六浦駅に先週の金曜日から駅に広告を出してみたのです。隣駅の六浦駅は山を隔てたところにあることもあり、きっと六浦駅に住んでいる方の多くが神武寺駅前すら一度も見たことがないという方もいらっしゃると考えていました。

神武寺駅の乗降客数は逗子高校の生徒を含めて7,000人ほど。一方で六浦駅は16,000人ほど。利用者数だけでも2倍以上の差がありますが、神武寺駅利用者には高校生に加えて米国軍事関連者も含まれているはずなので、実際にウチのお客さんになってくれそうな層の人数へのリーチは2倍以上になるハズ。

だから六浦駅前でビラ配りしたり、ポスティングしたりすれば、きっと新たにお店に興味を持ってくださる方もいらっしゃるんじゃないかと思っていたのです。でも、以前からどこかの駅に広告を出すことに興味があったので、どういう手続きが必要なのかというところから調べながらやってみました。自分はインターネット業界出身なので、電柱広告や駅広告など、実際に街なかに貼りだされるような広告って新鮮。

駅広告という特性を考えると文字情報が多くても目に入らないと思ったので、一番言いたかった2つのキーワード『神武寺駅』と『スウェーデン菓子店』を目立つ場所に配置。以前にポストカードをつくるためにイトウさんに描いていただいたスウェーデン菓子のイラストも使わせていただいて、お店にどんな商品が並んでいるのかをイメージしてもらえるようにもしました。


反対側のホームから見たところ。

こうして広告ボードの末席、一番左側にこじんまりとポスターを掲示することができました。ウチのポスターだけB2サイズ。倍のサイズになれば掲載料金も倍になってしまうのです。

結果的にデザインの基本要素のひとつである『対比(コントラスト)』が発生することになり、ちょっと目立ってくれてよかったです。駅の上りホーム唯一の階段に近い場所でもあるし、掲示場所に関してはラッキーでした。既にこのポスターを見てお店に来てくださった方も少なからずいらっしゃるので、広告を出してみてよかったと思います。

掲示期間は14日間の予定。もし電車で六浦駅を通ることがあれば上り側ホームに注目してみてください。見つけるの、結構難しいけれども。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」