スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年09月18日(金)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日と隔週土曜日は12時オープンです。詳しくは営業カレンダーをご覧ください(他の営業日は従来通り11時オープン)。

  • イートイン営業を一部再開しました
    イートインを実施していない曜日も多いので、イートインご希望の方は営業カレンダーを確認の上でご来店ください。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


当面のあいだはテイクアウトのみで営業し、毎週木曜日は午後12時(正午)からのオープンとなります。…が、近日中にイートインを再開したいと考えています。詳細未定ですけれども。

9月20日(日)12時ごろからオンラインストアにて行うケーキ受注に並ぶ商品の紹介のつづき。昨日の「リンゴのトスカケーキ(Toscakaka med äpple)」に続いて、今日は「渋皮栗とポピーシードのケーキ(Vallmokaka med kastanjer)」を紹介します。

ヘーゼルナッツとポピーシードのチョコアイスとコケモモのアイス」を紹介した際にも触れましたが、スウェーデンではパウンドケーキにポピーシード、つまりケシの実を入れてそのプチプチ食感を楽しんだりします。

スウェーデン以外の欧米諸国の状況は把握していませんが、少なくとも日本ではポピーシードをこうしてパウンドケーキに入れるような使い方は珍しいと思います。

そんなスウェーデン風ポピーシード入りパウンドケーキに合わせたのが、渋皮栗。かつて店長が和菓子屋に勤めていたころの先輩がおりまして、その方が現在勤めている老舗和菓子店でまだ食べられるのに廃棄されそうになっている食材をレスキューしたものだったりします。捨てるなんてMOTTAINAIですから、ウチでありがたく使わせていただきます。

ポピーシードと渋皮栗なんて、まるで栗饅頭のようなパウンドケーキですけど、あくまでも”ポピーシードが入ったスウェーデン風パウンドケーキ”ということでヨロシクお願いします。


余談ですが、現在ではケシの花のことをスウェーデン語で「Vallmo(ヴァルモー)」と綴りますが、かつては「Wallmo」と綴られていました。この100年ほどでスウェーデン語の一部の綴りが変更されたのです。

19世紀終わりごろにオッティリア・アーデルボリィというイラストレーターによって『Prinsarnes Blomsteralfabet(王子たちの花文字)』という絵本がつくられました。この絵本のイラストはスウェーデンで現在でもポストカードとして販売されています。既に著作権が切れた作品なので、リッラ・カッテンでも独自にポストカードつくりました。

AからÖまでの29文字を頭文字とした植物を擬人化した絵本です。「A」であれば「Akleja(セイヨウオダマキ)」、「B」であれば「Blåsippa(ミスミソウ)」といった具合です。そして、「W」のページには「Wallmo(ポピー)」のイラストが含まれていました。

『王子たちの花文字』という絵本は近年まで版を重ねていましたが、綴りの変更に伴ってこの「Wallmo」が「Vallmo」となって以降、「V」にはすでに「Väppling(ムラサキツメクサ)」があったために「Wallmo」が消滅し、マボロシのイラストになってしまったのです(たぶん)。

自分にとって、ポピーはそんなエピソードがまず頭に浮かぶのです。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」