スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年09月05日(金)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日は12時オープンです。土曜日は不定期で12時からオープンとなっております(他の営業日は従来通り11時オープンです)。

  • 現在、テイクアウトのみで営業します
    商品は通常どおりご用意しますが、店内での飲食をしていただくことはできません。お持ち帰りのみでの営業とさせていただきます。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


当面のあいだはテイクアウトのみで営業し、毎週木曜日は午後12時(正午)からのオープンとなります。

今週末の日曜日、9月6日(日)12時ごろからオンラインストアにてケーキ受注を行います(オンラインストアへは、ページ右下あたりにあるであろう『オンライン店』から飛べます)。

昨日紹介した「イチジクとプラムのクランブルタルト(smuldegspaj med fikon och plommon)」に続き、今日は「ヘーゼルナッツとポピーシードのチョコアイスとコケモモのアイス」を紹介します。

まず「ヘーゼルナッツとポピーシードのチョコアイス」について。ヘーゼルナッツは「ブダペストロール」の生地にも使われています。そしてポピーシード(ケシの実)は日本では和菓子に使われたりしますが、スウェーデンではパウンドケーキなどの焼き菓子に入れて楽しんだりします。ヘーゼルナッツとポピーシードはよくスウェーデンでお菓子に使われる素材なのです。

ちょっと裏を語れば、ヘーゼルナッツをいただいたのです。京急富岡にある『ファービガー アルターク』というパン屋さんがあって、その店主さんが産休でしばらくお休みされるということから素材を譲っていただいたワケ。しっかり有効活用させていただきます(ありがとうございます)。

そして「コケモモのアイス」については北欧好きの方にとっては言わずもがなかもしれませんが、森で採れるベリー代表のひとつとして挙げられるコケモモをフィーチャーしたアイスです。コケモモジャムを混ぜ込んだアイスにコケモモの実も入れていますので、ときどき酸っぱい。

その2つをセットにしたアイスが新しく並びます。朝晩の風は多少涼しく感じられることもありますが、まだしばらく暑そうですから、涼しくなるまではアイス並ぶかもです。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」