スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年07月11日(土)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日と隔週土曜日は12時オープンです。詳しくは営業カレンダーをご覧ください(他の営業日は従来通り11時オープン)。

  • イートイン営業を一部再開しました
    イートインを実施していない曜日も多いので、イートインご希望の方は営業カレンダーを確認の上でご来店ください。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


当面のあいだはテイクアウトのみで営業し、毎週木曜日は午後12時(正午)からのオープンとなります。

この前、Yahoo!のトピックスで「風呂敷が人気」みたいな記事が上がってました。その背景は、レジ袋有料化だったり、洗濯できるから感染症対策になるんだと(何でも感染症対策に結びつけるんだから)。

そういえば、ウチもプリンセスケーキ柄の風呂敷つくってた。去年の8月、オープン3周年記念のノベルティとして作ったピンクバージョンの風呂敷はもうないけれども、グリーンバージョンの風呂敷はまだ在庫があるのです。いいんだよ!グリーンダヨー!

なんで風呂敷をつくることになったかというと、もうそのときからレジ袋有料化のハナシを小耳に挟んでいたからだったような気がするのだけれども、やっと時代が追い付いたか。

で。今日、店から2枚の風呂敷を持って帰って来て、家で風呂敷の商品紹介用の写真を撮影しました(撮影前に風呂敷にアイロンも掛けた)。大きな画用紙を4枚敷いて、右上端にアンパンマンのボールが転がっているようなヤッツケ状態だけれども、どうせ風呂敷部分だけ切り抜くので。

光を当たり具合をもっと均一にしたかったけれども、風呂敷のような大きさのものに当たる光をコントロールするのはホント難しい。ちゃんと撮れていると思ったんだけど、左からの光源が強かったらしい。

この写真がオンラインストアに掲載されたらどのようになっているのかは、以下のページにて。誰かの心に刺さるかな。

3周年記念にノベルティとして配布したピンクバージョンは、1年近く経ったいまでも日常で使ってくださっているお客さんがいらっしゃって、実際にお店でお菓子を購入する際にその風呂敷に包んで帰ってくださるんです。自分たちで作っておいて「(いい意味で)マジか」って思います。

来月の下旬には4周年ですか。周年記念のノベルティを、前々年には「オリジナルうまい棒」、前年には「オリジナル風呂敷」ときて、今年は何にするか。じつはもう去年から考えてあります。

「よし。来年からのノベルティは、お金があんまり掛からないものにするぞ」という決意と共に。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」