スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年05月29日(金)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日は12時オープンです。土曜日は不定期で12時からオープンとなっております(他の営業日は従来通り11時オープンです)。

  • 現在、テイクアウトのみで営業します
    商品は通常どおりご用意しますが、店内での飲食をしていただくことはできません。お持ち帰りのみでの営業とさせていただきます。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


5月いっぱい(5月17日(日)~6月1日(月)まで)休業し、6月2日(火)からテイクアウトのみで営業再開します。

過去のブログを見返したら、このことは書いていなかったので。まだ「ねごと」が「時間泥棒」だった時代のハナシ。

昨年2019年6月に北海道の札幌競馬場で開催される「札幌蚤の市」というイベントへ出店する際、自分だけ販売するお菓子や什器を積んでクルマで茨城の大洗からフェリーに乗って北海道へ向かいました。行きがフェリーなら、当然ながら帰りもフェリー。

北海道から大洗へフェリーが着いて、そこから高速に乗って、店へ荷物を降ろすためにまた逗子に向かいます。時刻は午後3時ごろ。初夏なのでまだ全然明るい。カーラジオを点け、何気なくチューニングを合わせたのがTOKYO FM。周波数は80.0MHz。カーラジオは周波数を合わせなくてはならないので、各局の周波数を記憶しておくと便利です。

クルマに乗っていると、いつもは聴かない番組にチャレンジしたくなります。北海道に滞在中も、主にFMノースウェーブを聴いていました。自分にとってはまったく知らないパーソナリティーでも、でもこの土地のラジオリスナーにはお馴染みの声なんだろうな、とか。それを考えるだけで違う土地に来た感じがします。

余談ですが。たまに地方局やコミュニティFMラジオのタイムテーブルを見ることがあります。「(失礼ながら)いったい何人聴いてるんだ」と心配になるくらいの局のタイムテーブルに、ちょっと知っている名前を見掛けると楽しくなります。

カッテンと同じエリアにある湘南ビーチFMもコミュニティFMとしてスタートしたとホームページに書かれていますが、シングライクトーキングの佐藤竹善さんがパーソナリティを務める番組がありますね。意外と地元のお店なんかでは湘南ビーチFMが流れているもので、それだけでそのお店が逗子・葉山エリアに愛着を持っている姿勢が伺えたり。

ハナシを元に戻すと、いつもとは違う局のラジオを聴くということは、聴いたことのない番組に接するということで、そのときにTOKYO FMで午後3時から放送されていたのが、「シンクロのシティ」という番組でした。

まず番組がスタートしてからオープニング曲が掛かるのですが、ラジオ番組としては異例のオープニングの長さ。後から調べてみると、口ロロ(クチロロ)というヒップホップグループの「Tokyo」という曲をベースに、この番組のために歌詞などを調整したバージョンでした。

一曲を通してドラマチックに東京という街を表現していて、アーバンな曲調なのですが、決して明るいメロディーというわけではない印象です。東京の、華やかなんだけれども、孤独で物憂げな感じがこのオープニングを聴くだけで伝わってきたのです。

そして、その日の番組のテーマが「東京Apple Watcher」でした(番組ホームページにログが残っていた)。パーソナリティの堀内さんが、アップルウォッチをベタ褒めしている様子を聴きながら「自分にはイラナイかな(笑)」と、心のなかで反対票を投じていたのを今でも覚えています。

全否定もしないけれども、そんなことを積み重ねて行ったら『銀河鉄道999』の星野鉄郎になっちゃうぞ、と(機械の体をタダでもらえる星を目指す)。電子ツールばかりに頼る世の中になってしまったら、それこそ人間は電気やインターネット環境がないと何もできない存在になってしまうのが恐ろしい。そうは言っても、自分も多くの情報をパソコンにだけ入れてある状態だし、ヒトのことは言えないかな。

そんなことを一人で考えながら、常磐道を南下し、東京に向けてクルマを走らせていた記憶が残っています。

このときに初めてこの番組を聴いたことがきっかけで「シンクロのシティ」をはじめとしてTOKYO FMの番組を多く聴くようになりました。

「シンクロのシティ」は2019年9月で終了したので、3か月ほどの付き合いでしたけれども。

ちなみに。冒頭の写真は、東京ではなく、スウェーデンの第3の都市であるマルメに滞在したホテルからの一枚です(東京の写真持ってない)。

というわけで、口ロロ(クチロロ)の「Tokyo」。

展開の激しいドラマチックな曲なので、興味があったら一曲通して聴くのがオススメです。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」