スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年05月13日(水)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

営業時間のお知らせ

  • 5月17日(日)~6月1日(月)まで休業予定です
    予定通りに休業する場合、6月2日(火)より店舗での営業を再開します

  • 【現在、テイクアウトのみで営業します】
    商品は通常どおりご用意しますが、店内での飲食をしていただくことはできません。お持ち帰りのみでの営業とさせていただきます。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


5月14日(木)、テイクアウトのみ営業です(5月17日(日)~6月1日(月)まで休業予定)。

今日は何℃だったのか。扉を開けた状態の店内で梱包作業していて、風のヌケが悪い場所だったのか、自分が暑さに弱いのか、ギリギリでした。明日はちょっと涼しくなってほしい。

特に書くこともないので、店長が撮ったであろうハチミツ(文鳥)の写真でも。2羽のブンチョウを飼い始めて何週間か経ちますが、この2羽の性格の違いが顕著になってきました。

名前はリンゴと、ハチミツ。夕飯後にしばらく鳥かごから出して、手に乗ることに慣れるように練習しています。

リンゴの方は、手のなかに収まるのが苦手な様子。手を近づけると、いつも飛び去ってしまうせいか、飛ぶのが上手になった。あと、「フィーヨ、フィーヨ」とよく唄う。

一方でハチミツは、一度捕まえて手で撫ではじめれば、しばらく大人しくするようになりました。でも、あんまり唄わない。文鳥を購入する際の店員さん曰く、雌雄の区別はつけづらいということだったけれども、これは性差なのかな。

指導方針として、手で触られたくないリンゴはもう自由奔放に育てて、ハチミツは手乗り文鳥として遊び相手になってくれるように育てます。季節の移り変わりによる換羽期というものがあるらしく、それでリンゴの機嫌が悪いという可能性もあるかも知れないけれども。

ペットを飼うことでマディッケンの主体性を育むという目的があったわけですが、いまのところ餌の交換係の役目は本人なりに毎日やっている様子。

じつは文鳥を飼い始める前は文鳥の容姿を認識していなかったのですが、世の中にはけっこう文鳥ファンっているものですね。

店ともスウェーデンとも関係なくてスミマセン。いつもだけれども。

ビョルネン・ソベル
リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン洋菓子&絵本「リッラ・カッテン」