スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年05月12日(火)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日は12時オープンです。土曜日は不定期で12時からオープンとなっております(他の営業日は従来通り11時オープンです)。

  • 現在、テイクアウトのみで営業します
    商品は通常どおりご用意しますが、店内での飲食をしていただくことはできません。お持ち帰りのみでの営業とさせていただきます。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


5月13日(水)、テイクアウトのみ営業です。

そして来週、5月17日(日)~6月1日(月)まで2週間ほど休もうか、というハナシが上がっています。マディッケンが通う保育園からの登園自粛が続いていること、季節的に扉を開け放して営業していると羽虫が入ってくる(虫取り網の出動件数が増えてきた)など、そんな背景もあります。

写真。きっと今シーズン最後となるであろう、じっくりコトコトなコーンポタージュ。個人的にはこのメーカーのコーンポタージュが一番好き。コーンのやる気が違うので。

ヘタしたら30℃近くにもなった今日、神武寺までの電車を待つ駅のホームにあった自動販売機に並べられたコーンポタージュをつい買いたくなりました。もちろん『あったか~い』状態でしたが、そんなの時間が経てば『じょうお~ん』になるんだから。

ただし、自分が飲むためではなく、店にいるマディッケンのために買いました。ヤツもコーンポタージュが好きなので、ほしいって言えばくれてやろうと。もしいらなければ、自分が飲めばいいやと思っていましたけれども、しっかり飲まれました。

そいえば。昨日というか今日と言うか、12日へ日付が変わるころ、24時らへんにケーキ類の受注再開をしたのですが、今回の受注予定数の少なさもあったのですが、30分ほどで大半が売り切れ状態となってしまいました。ありがとうございます。

“なってしまいました”と書くと聴こえが悪いかもですが、いろいろ葛藤もあります。更新時間を狙ってまで買い求めてくださる方の存在がありがたいのは大前提ですが、「運がよくないと買えない」や「どうせ買えない」などの思いが発生してしまうのは避けたいところです。

言及しているのはオンラインのハナシであるとはいえ、並ばないと買えない店って自分は行かないんです。自分が行かないような店を自分が運営しているのって、いかがなものかと。

ほどほどにヒトが集まっていて、味のいい店。それが理想。オンラインストアのハナシに適用させるのであれば、受注再開から12時間くらいは売り切れ状態にならないようなバランスになれればいいのかな。

いま、ウチのオンラインストアはBASEというカートシステムを使っているのですが、同じシステムを使用している人気店を覗いてみると『予約販売』なるものがあるようで。なるほど。よくわからんけれども調べてみる価値はある。

過去のデータを遡ってみると、ウチがオンラインで生菓子を注文していただける仕組みを始めてから、今日でちょうど1か月みたいです。まだ仕組み的に手探りな面もあるので、その点は温かい目で見守っていただけると幸いでございます。

未だに「こんなに注文いただけるの、今だけでしょ」って思っているので、そんなに深く考える必要ないかも知れないけれども。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」