スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年04月25日(土)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日と隔週土曜日は12時オープンです。詳しくは営業カレンダーをご覧ください(他の営業日は従来通り11時オープン)。

  • イートイン営業を一部再開しました
    イートインを実施していない曜日も多いので、イートインご希望の方は営業カレンダーを確認の上でご来店ください。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


週明け4月28日(火)も、テイクアウトのみで営業します。4月29日(水・祝)~5月6日(水)実店舗はお休みで、その期間はオンライン販売を頑張ります(店長が)。

4月28日(火)よりオンラインでのケーキ販売を再開予定となります。セムラもなるべく多く注文を受けられるようにしておきたいと思いますが、万が一にも多数の注文をいただいた場合にはお届けまで数週間ほどお時間をいただく可能性もあることをご了承ください。

こんな大層なこと書いておいて、まったく世間から見向きもされないことだってあり得ると本気で考えています。今回の受注制限騒ぎは事故みたいなものだったんじゃないか、って。

で。その受注再開のタイミングで、5月10日(日)の「母の日」に向けての期間限定として登場させる予定のプリンセスケーキがあります。

今日はこのプリンセスケーキの撮影に四苦八苦。のっぺりした表面に浮かび上がる陰のコントロールが難しい。写真にあるように、撮影ボックスに入れて撮ってみたり。店の外に椅子を持ち出して、太陽光全開で写真を撮ってみたり。

撮影した写真の中から1枚を選んで、少し手を加えてからオンラインストアに掲載する写真をつくります。撮影したまんまの写真だと、皿にクリームが付いていたり、後ろにボックスの様子が生々しく写っていたりするので、ここからプリンセスケーキの部分のみ切り抜きます。

このプリンセスケーキには特別な点が2つあります。そのうちの1つは、もう馬でも鹿でも気が付くような明確さ。スタンダードなグリーンではなく、ピンクに着色したマジパンで全体を覆ったプリンセスケーキであることです。

べつに「スウェーデンで母の日といえばプリンセスケーキはピンクであるべき」というわけではありません。従来のグリーンのプリンセスケーキでもいいのですが、母の日に対する特別感を演出するためにマジパンの色を変えてつくったプリンセスケーキの例も多いので、今回はピンクにしてみます。

ちなみにピンクのことを、スウェーデン語では主に「rosa(ローサ)」といいます。バラは「ros(ロース)」なので、バラ色といったところでしょうか。一応、スウェーデン語辞典には「rosa = バラ色」とされていますが、日本人にとってバラ色というとワインレッドのようなイメージがあるかもしれません。


そしてもう1つ。ケーキの上に乗った花が、スタンダードなバラの飾りではなく、カーネーションであること。

自分が店長に「母の日に向けて何かプリンセスの色を変えたりできないもんかね」と尋ねたところ、「和菓子の技術を応用してマジパンでカーネーションがつくれるかも」ということだったので、実際につくってみてもらいました。店長の専門学校の授業料をここで取り返すんだ(和菓子科、夜間コース)。

今日、店に着くとこのカーネーションを添えたピンク色のプリンセスケーキが出来上がっていたので「ここに緑色の葉っぱとか付け足せないかな」と、自分で作らない人間にありがちな無責任発言が加えられてこの状態が完成しました。ピンクに対して補色関係にあるグリーンが加わると、コントラストでカーネーションが映えるじゃんね。

この「母の日プリンセスケーキ」はホールケーキのみの販売となりますが、店長に確認したところ税込3,600円だったと思います。手作りなので受注数は限られますが、また生産リソース一杯まで注文をいただけるかな?かな?


あと、「バニラハート(スウェーデン名:Vaniljhjärta)」というオンラインストア新登場のお菓子なども登場します。

クッキー生地にカスタードクリームが入った、ハート型の特殊なフォルムをしたお菓子です。3年ほど前、このバニラハートの焼き型を探してヨーテボリの街をさまよった記憶がよみがえる。

より一層、スウェーデンらしい商品が充実したオンラインストアになりますね。とりあえず、今ウチにできる限りのことを惜しみなくこのストアに注ぎます。

ざっくりと4月28日から受注再開と書いていましたが、SNSで何時から再開するのかを宣言しておくべきか、しれっと気が向いたタイミングで再開していいものか、悩んでいます。

最後に。以前からの変更点として、ケーキの最低購入単位が2ピース以上からとなることをご了承ください。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」