スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年04月02日(木)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

営業時間のお知らせ

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日は12時オープンです。土曜日は不定期で12時からオープンとなっております(他の営業日は従来通り11時オープンです)。

  • 現在、テイクアウトのみで営業します
    商品は通常どおりご用意しますが、店内での飲食をしていただくことはできません。お持ち帰りのみでの営業とさせていただきます。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー「スウェーデン菓子」」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


明日4月3日(金)もテイクアウトのみで営業します。

ラジオでは各国の政府による補償の様子を現地から伝えてもらう番組やってました。スウェーデンにおける感染拡大に対する取り組みを伝える記事も読みました。ニュースだと東京の話題が主に取り沙汰されますが、自分たちのいる神奈川の様子にも気を配らないといけないな、と思いはじめました。

そして今日も政治に対するコメントは各所が表明しているので、あえてここで自分の言葉を重ねる必要性も薄いと思いますが、一言だけ。来年9月の任期満了でトップ交代というシナリオなんて生温いと思っていますが、与党のなかからも異論を唱えるヒトはいないんですかね。小学生の学級会でも、もうちょっとマシな結論だすわ。

さて。昨日に引き続き、定休日にやったことのもう1つが商品の撮影。

オンラインショップに並べているクッキー類の写真をずっと撮り直したいと思っていたので、ようやく重い腰を上げて撮影することにしました。

じつは以前からケーキなどの生菓子も冷凍で送れるようにするかどうかを検討していたものの棚上げになったままだったので、コチラも配送方法などを含めていろいろと検証しています。

いままでも「ケーキの配送はしていませんか」という声はちらほらいただいていたので、ウチでも冷凍ケーキを取り寄せてみたりしたこともありました。ケーキの味よりも、ケーキがどのような梱包をして送られてくるのかをチェックする方が主目的という。

取り寄せたのは通販ケーキ専門店だったので、梱包資材も完璧だったのですが、そのレベルまでは至らないものの「これならウチにもケーキの配送できるかもね」というハナシにはなっていました。

こういう状況にならないと本腰を上げないなんてムシがいいですけれども、今できることはやっておきます。また世の中が流通業界のリソースを逼迫させてしまう可能性がちょっと怖いけれども。


コチラ、撮影の様子。

相変わらずのスマホでの撮影ですが、個人的にスマホの割には頑張った写真が撮れたと思います。撮影した後にフォトショップという写真補正のための定番ソフトでいじってますけどね。

とはいえ。実際にやってみるとわかるのですが、いくらフォトショップで補正ができるとはいえ、撮影対象のレイアウトを変えることは難しいし、白く飛んでしまったりとディテールが潰れてしまった部分はどうしようもありません。

どうやったら自分なりの”いい写真”が撮れるかと苦心した結果、冒頭のジンジャークッキーのような質感まで伝わるような写真が撮れました。撮った写真に自分が驚いた。全米も泣いた。

ケーキ類は土曜日に店で撮影する予定。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」