スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年03月19日(木)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

店内イベント

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 【2020年03月】12日(木)/28日(土)


終わってた、冬が。

今年が暖冬であったせいか、自動販売機でコーンポタージュを買う頻度が低かった気がします。いや、いつも帰り道にある釣船屋さんの前に設置されている自販機だったり、交差点に設置されている自販機だったり、自分の家までの導線上に設置されている自販機にはことごとくコーンポタージュが入らなかったのも大きな原因。

あとはウチの4歳児がコーンポタージュの味を覚えてしまい、自分だけコーンポタージュを飲もうとするものならば「ほしい」と懇願されるのが面倒だからというのもあるかもしれない。分け与えること自体がイヤなのではなく、帰り道に買ったコーンポタージュということは、つまり夕飯前に楽しむものとなるわけです。

そうすると、缶半分とはいえコーンポタージュで満足してしまった子供が夕飯をきちんと食べきれなくなってしまうかもしれないという懸念も、コーンポタージュを敬遠する理由の一つでした。

いろいろな理由が重なって、今シーズンはコーンポタージュを20本程度しか買っていないかもしれない。今シーズンの悔しさは、来シーズンに雪辱を。王貞治の持つ55本の記録を目標にしたいと思います。バレンティンは目指さない。

しかし。コーンポタージュの座に入ったのはデミタスコーヒー。じつはデミタスコーヒーもよく買うのです。コイツ、よくわかってるじゃないか。”デミタス”が何なのかよく知らないけれども、きっと月極駐車場の”月極”みたいなものでしょう。

当初の思惑は外れたけれども、デミタスコーヒーを買って帰りました。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン菓子と絵本「リッラ・カッテン」