《延長中》スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年03月13日(金)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

店内イベント

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 【2020年03月】12日(木)/28日(土)


4月のスウェーデン菓子教室のお知らせができました。4月10日(金)に「スウェーデンの伝統クッキー4種類を作ろう!」で、現在は残席3だそうです。

ちなみに今回から申し込みページが新しいカートシステムのページに切り替わっています。普段お申込みいただいていた方で、既存のシステムに慣れている方がいらっしゃればお手数をお掛けします。

【NEW】2020年04月10日(金)11:30-
スウェーデンの伝統クッキー4種類を作ろう!

で。さっきヤフーのトピックスを見ていて思い出したのですが、明日から「新逗子駅」の名前が「逗子・葉山駅」になるんですよね。

ここだけの話、店長と「このタイミングで『ぶらり途中下車の旅』、来ちゃうんじゃん?」とか冗談半分で言っていたのですが、なんと!

個人的に言霊ってあると思っているんですけどね。言霊は、字面こそスピリチュアルなれど、神や仏とは違います。クチに出して発することによって自身の精神がその方向に集中できたり、周囲にアピールをすることで誰かがその道に導いてくれる可能性を格段に高めてくれるものです。

なんと、南斗。『ぶらり』からは別に連絡はありません。『ぶらり』的には、この駅名変更のタイミングで京急逗子線やると思うんですけどね。仮にホントに話が来ていたとして、ここで早速そんなことをリークするような店、アウトでしょ。「おやおや、阿藤さん。早速リークですかぁ?」って、天国の滝口順平に言われちゃう。

どれだけの方がこの『ぶらり途中下車の旅』を知っているのか分かりませんが、オープニング曲のタイトルは「密猟のあった日」という名前で、その軽快なメロディとは裏腹に物騒なもの。なぜかというと、1960年代初頭のケニアを舞台とした『大草原の小さな天使 ブッシュベイビー』というアニメのサントラから拝借しているからだそうです(うっすらな記憶しかない)。

店長は、もし来てくれるなら舞の海さんが希望とのことでした。言霊…

ビョルネン・ソベル
リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン洋菓子&絵本「リッラ・カッテン」