《延長中》スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年03月12日(木)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 【2020年03月】12日(木)/28日(土)


2月いっぱいで、このブログの(営業日に限って)毎日更新をヤメるつもりだったのですが、世の中が暗い状況で更新をヤメるのはなんか気が引けるな、って延長して。じゃあ、3月の仙台でのイベントが終わったら大団円ということにするかと考えていたら、そのイベントも中止になって。これだけで2度もヤメるタイミングを逸している。

で。店でも、売上が低い時代から足繁く通ってくださっているお客さんから「ブログを読むことが毎日の生活リズムに組み込まれている」なんて言ってもらえたり。店が始まったばかりのタイミングから支えてくれているお客さんは、ある意味ウチにとって株主みたいなもので。

さらに店長からは「判断は任せるけど、まだやめるなってことじゃん?」だって。聖闘士星矢のフェニックス一輝よろしく「シャカよ、残念だが俺は神仏は信じないタチだ」な人間だけれども、たしかにそういう考え方もできるかもしれない。

そこで無いアタマを開店回転させて考えました。もっとラクに更新をすることで続ける道を模索しようかな、と。いまのところ考えている施策は以下のようなもの。

  1. 写真は手抜きする(内容に合ってなくてもOKみたいな)
  2. 内容も手抜きする(書き溜めOKみたいな)
  3. 更新に掛ける時間を30分以内を意識する

毎日のSNSでの更新告知はなくしちゃうのもアリかなとも考えています。これはアクセス解析すればどれほどの影響が考えられるのか事前に予想できるかな。来週、SNSでの更新告知をやめてみようかな。

ということで、ヤメルヤメル詐欺になってしまいますが、せめて5月いっぱいまでは様子みてこのまま続けてみようと思います。こんなワガママな更新者の文章なんか、読みたい方いるのでしょうか。

写真は、インスタ更新用だったりオンラインストア用に試しに撮ってみたけれどもボツにするつもりのスウェーデンの切手の写真。

ビョルネン・ソベル
リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン洋菓子&絵本「リッラ・カッテン」