スウェーデン洋菓子店、深夜のねごと@20年02月16日(土)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン洋菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて、基本的に営業日には毎日更新しています。

店内イベント

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 【2020年02月】22日(土)/27日(木)
  • 【2020年03月】07日(土)/12日(木)/28日(土)


パソコンの調子が悪く、再起動を待っていたら遅くなってしまったのでサラリと。

昨日と今日の2日間でセムラづくりをテーマとしたスウェーデン洋菓子教室を開催しました。参加いただいた皆様、ありがとうございました。県をまたいで参加してくださる方も多くて、いつもその距離の遠さに驚かされています。

洋菓子教室では、店長も見本をつくって示しながら進行しています。昨日の教室が終わるころには5つのセムラが出来立ての状態で仕上がったのですが、ちょうどその頃に「セムラが5つ欲しい」というお客さんが。

「あと5分ほどお待ちいただけるのであれば、ちょうど5つ出来立てが用意できますよ」ということで、その出来立てのセムラを5つお買い上げいただきました。

その後、「しまったな」って。出来立てのセムラを食べて、そのセムラを基準にされてしまうのがコワイ。普段お店に並べているセムラも十分いいものに仕上がっていますが、どうしても工程や保存期間の都合上、出来立てのパンでつくったセムラを提供することはできないのです。生クリームを使っていることから常温保存もできないし。

もし今回の出来立てセムラに感動して、「またあの味を」と期待してもらうとしたら「アレ?」ってならないかな、って。崎陽軒のシウマイでいえば、「昔ながらのシウマイ(賞味期限当日)」と、「おいしさ長もち 昔ながらのシウマイ(冷蔵)」くらい違うので。

またシウマイのハナシになっちゃったじゃん。

ビョルネン・ソベル
リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2020 © スウェーデン洋菓子&絵本「リッラ・カッテン」