スウェーデン菓子店、深夜のねごと@21年09月22日(水)

京急逗子線神武寺駅前にあるスウェーデン菓子店リッラ・カッテンのお知らせや自分たちのことについて。

営業時間のお知らせ

  • イートイン営業を一部再開
    現在、店内でのイートインは一席のみで再開しました。遠方からお越しの方は、席の予約をお勧めします(予約はコチラから)。

  • 木曜日と土曜日の営業時間のお知らせ
    毎週木曜日と隔週土曜日は12時オープンです。詳しくは営業カレンダーをご覧ください(他の営業日は従来通り11時オープン)。

スウェーデン菓子のオンライン販売

  • Lilla Katten ONLINE STORE
    リッラ・カッテンで提供しているスウェーデンのケーキやクッキーをご自宅までお届けします。ラインナップは「カテゴリー『スウェーデン菓子』」をご覧ください。

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 申し込み中止しています


当面、実店舗におけるイートインは実施しません。

まだ暑さを感じる日もありますが、秋らしさが出てきました。そういえば、井上陽水の「少年時代」の歌詞冒頭にある『夏が過ぎ、風あざみ』は造語だそうですね。

ということで(?)、通常販売している「7種類のスウェーデンクッキー箱」のコンセプトはそのままに、秋をイメージしたクッキーを7種詰め込んだ「秋シーズン特別仕様@7種類のスウェーデンクッキー箱」をつくりました。


このクッキー箱は受注生産品となります。9月27日(月)23時までONLINE STOREにて注文受付を行い、10月2日(土)前後の発送を予定しています。

以下よりパッケージからクッキーまで、セット内容をご紹介します。


「秋シーズン特別仕様@7種類のスウェーデンクッキー箱」のパッケージ


各種クッキーの説明の前に、まずは今回のパッケージについて少々。

リッラ・カッテンのクッキー箱は、全国どこでも送料198円で送ることができる「クリックポスト」というサービスを利用しています。

ポストに直接投函されるサービスのため、利用できるサイズに制限があります。そこでクリックポスト用の箱に入れてお届けするのですが、箱が無機質なのでイラストをあしらったラベルを貼っています。

今回は秋シーズン特別仕様のため、「Signe Aspelin/シグネ・アスペリーン」というイラストレーターによるグリーティングカードに描かれたイラストを採用した、いつもとは違う特別なラベルをつくりました。

(消印の読み間違いでなければ)1908年に投函されたグリーティングカードなので、もう100年以上前に印刷されたものですね。


コチラは自宅のプリンターで印刷した試作なのですが、このイラストがキレイなのでオマケとしてメッセージカードをお付けすることにしました。民族衣装の縞々が素晴らしいので。

ホントは本気で作りたいところでしたが、予算と納期の都合上、安く印刷してくれる印刷会社に発注することに。紙質や印刷クオリティなど、ちょっと安っぽいものになってしまうかもしれませんが、シグネ・アスペリーンのイラストをどうぞお手元に。

イラストの下に書かれているスウェーデン語テキストの意味は…もったいぶって、いつかSNSとかでお知らせしようかと。


「秋シーズン特別仕様@7種類のスウェーデンクッキー箱」の中身をご紹介


01:焼き芋のクッキー

スウェーデンに焼き芋はありませんが。

秋といえばの焼き芋をモチーフとした創作クッキー。最近はスーパーで季節を問わず焼き芋を売るようになってしまいましたけれども…

味は見た目のとおり、しっとりした食感がホンモノの焼き芋を彷彿とさせます。



02:Bondkakor/ボンドカーコル

ボンドといっても、接着剤でも、映画で活躍するイギリスの諜報部員でもありません。

《bond/ボンド》はスウェーデン語で「農夫」、《kakor/カーコル》はこの場合「クッキー」を意味します。したがって《bondkakor/ボンドカーコル》は、「農夫のクッキー」という意味となります。

アーモンドの風味が主役となるシンプル&クラシカルなクッキーで、現地スウェーデンのスーパーではこの「ボンドカーコル」の名前でパッケージになって売られています。



03:Korintkakor/コリントカーコル

《korint/コリント》は、カシスのことを指します。日本名はクロスグリというそうです。

その名の示す通り、カシスを練りこんだクッキー。フォークを押し付けることで模様を付けるのが特徴です。



04:Hallongrottor/ハッロングロットル & 05:Äppelgrottor/エッペルグロットル

お店で扱う定番スウェーデンクッキーの一つである《Hallongrottor/ハッロングロットル = ラズベリーの洞窟》、そのアレンジである《Äppelgrottor/エッペルグロットル = リンゴの洞窟》です。

こうしたジャムを使った「〇〇の洞窟」のことは、「Syltkakor/スィルトカーコル」と呼ぶこともできます。「sylt/スィルト」はジャムのことです(スウェーデン語のYの発音は、日本人にはちょっと難しい)。



06:Pepparkakor/ペッパカーコル

スウェーデンの定番クッキー《Pepparkakor/ペッパカーコル》は、ジンジャークッキーです。

通常はダーラヘスト型で提供しているジンジャークッキーですが、秋をイメージしたキノコ型やリンゴ型のクッキーを織り交ぜました。



07:Mockanystan/モッカニィスタン

こちらもお店で常時販売しているスウェーデンクッキー《Mockanystan/モッカニィスタン》、「モカの糸玉」です。秋ということで、毛糸のセーターをイメージしてラインナップに入れました。



オマケ:押し花のクッキー

画像ではステンドグラス部分の透明感が伝わるように2枚並べていますが、実際には1セットにつき1枚です。

コンセプトは「7種」なんですけれども、リッラ・カッテンのクッキー箱にはいつもオマケで1種のクッキーをつけています。

先にも触れたように、クリックポストには規定サイズがあります。そのサイズに収めるためにクッキーをぎっしり詰め込んでいるので、配送中に中身が割れる可能性があります。そこで、何かしらのクッキーが割れてしまったときの「ゴメンなさい」の気持ちを先回りするためにオマケでクッキーをお付けすることにしています。

今回は「押し花のクッキー」にその役回りを担ってもらうことにしました。

クッキーにステンドグラスのような飴を流し込み、その飴のなかにビオラの押し花を閉じ込めた、見るだけで気分が明るくなる春をイメージした『押し花のステンドグラスクッキー』です。花はもちろん食べらる、エディブルフラワーを使用しています。

ステンドグラスクッキーに入る押し花には個性が出ますので、どのような色の花が届くかはお楽しみで。


以上、7種のクッキーがセットになった「秋シーズン特別仕様@7種類のスウェーデンクッキー箱」に含まれるクッキーの紹介でした。

あらためて、このクッキー箱は受注生産品となります。ご注文の〆切は9月27日(月)23時までとなりますので、よろしくお願いいたします。

リッラ・カッテンの絵本、雑貨、あと雑用を担当。本を読むことよりも、大量に並んだ背表紙や古い本の雰囲気が好き。つまり、あんまり本は読みません。葛飾出身の日本人。インスタグラムは「@lillakattenpaper
2021 © スウェーデン菓子「リッラ・カッテン」