時間泥棒

ビョルネンは時間泥棒@19年08月22日(木)

スウェーデン洋菓子店のブログのようなものですが、スウェーデンがまったく関係ない話題ばかり。

取材協力

店内イベント

  • 19年08月23日(金)/24日(土)11時30分~13時00分
    【満席】 ザリガニパーティー

店外イベント

  • 19年11月15日(金)〜17日(日)
    第16回 東京蚤の市@国営昭和記念公園(東京・立川)

スウェーデン語教室

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 【08月】29日(木)
  • 【09月】07日(土)/12日(木)/21日(土)/26日(木)

今日の時間泥棒


週末あたりかな。暇つぶしに、マディッケンを誘って駄菓子を買いに行きました。

駄菓子のためのお小遣いとして、マディッケンは店長から100円もらっていたのですが、まだ一人でちゃんと計算ができないから「これは買える」「これは買えない」と教えながら買い物かごにチマチマとお菓子を放り込んでいきました。

しかし、残り20円というところで手が止まる。100円という大金に対して、彼女の欲が追い付かなくなってしまった様子。もう十分に自分が欲しいもので買い物かごを満たしてしまったのでしょう。

そこで「コレがいいと思う」とオススメしたのが「ヤッター!めん」。昔ながらのステレオタイプ全開の中国人っぽいキャラクターのイラストがあしらわれた駄菓子。高橋留美子か。

赤いプラスチックのカップに入った中身は、貧弱なベビースターラーメンといったところ。フタをめくると、アタリであればそこに当選金額が書いてあって、購入したお店で金券として使えるというギャンブル性を伴った駄菓子なのです。ざわざわ。

自分はこの中身は貧弱なベビースターラーメンが好きだから。むしろ、ベビースターラーメンよりもコッチがいい。マディッケンと自分は味覚の好みが共通しているところが多いから、マディッケンはきっとこの「ヤッター!めん」を気に入るものという確信もありましたし。

お菓子として十分に楽しめるから、ハズレを引いても全然かまわないわけで。あくまでアタリハズレはオマケとして楽しめるのがいいところ。

「はらたいらさんに3,000点」じゃないけれども、ヤッター!めんに20円。


当たるんかい。

当たるとは思っていなかったし、しかも2つともアタリ。無欲の勝利です。

20円分購入して、合計60円の配当を得る。単純計算で、利回り300%を達成してしまいました。1万円分買っておけばよかったかな。

しかし当たったはいいけれども、このアタリは本当に店で使えるのだろうかという疑問が浮上しました。この額面が書かれたフタが金券としてすんなり使える可能性もあるけれども、いざレジに持って行くと「えー、本当に持ってきたんですかぁ(苦笑)」というリアクションを取られる可能性もある。

まあ、ダメ元で。今日、購入したお店で改めて駄菓子を買う際に「コレ、使えるんですか?」と尋ねたところ、バイトらしきレジ担当の方がすごくアタフタさせてしまいましたが、無事に金券として成立させることができました。

当然二匹目のドジョウを狙って、ヤッター!めんを2つ。結果は…ご想像にお任せします。

ほら、駄菓子って面白い。

私信:オーロラさん、ハガキ届きました!いつもありがとうございます。そして、マッツファンの方を無事に迎え入れてくださったようで、ありがとうございました。

営業カレンダー