ビョルネン日報

ビョルネン日報@18年09月22日(土)はれ

18年09月22日(土)はれ。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

「御魚ギャラリースペース」展示内容

現在お申込み受付している店内イベント

今後のガイダンス開催予定日(いずれも16時~17時)
  • 【09月】13日(木)/22日(土)/27日(木)
  • 【10月】11日(木)/25日(木)/27日(土)

店外で開催予定のイベント

今日のリッラ・カッテン

今日はペットソンがご家族を連れてご来店。いや、正体はペットソンではなく、エリクソンなんだけど、マティーアスなんだけど。

メッセージのやり取りをするなかで、当店が日曜日&月曜日が定休日であることを知らせたところ、急遽予定を変更して土曜日である今日お店に来てくれました。ありがとう。

それにしても、相変わらずご夫婦でケーキを2個ずつ食べるという、ね。ありがとう。

そんなペットソン家の生活が垣間見えるコミックエッセイを奥様がはじめましたので、晒す(もう既にフクヤさんで紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれませんが)。

以前リッラ・カッテンに足を運んでくださったことも紹介してくださり、ありがとうございますです(その紹介エピソードのなかでもやはりケーキを2つ食べている、裏切りませんね)。

ついでに自分のなかで印象に残っている彼の日本語勘違いを。

いつぞやの東京蚤の市を手伝ってもらった帰りの車のなか、ハナシの流れで「ハイカラ」という言葉がでてきたのです。一緒に車内にいたマティーアスに「ハイカラってわかる?」と聞いたところ「わかります」との答えが。車内が「お!知ってるのか」という空気になる。

しかし、やはり「ハイカラ」なんていう今ではほとんど使われない日本語ですから。よくよく突き詰めて聞いてみると、マティーアスは「ハイカラ」を「ハイカロリー」だと勘違いしていたのだ。というオチ。

「1人で2つもケーキ食べちゃうなんて、ハイカラだね」ということですね。

日本人でもヒトによっては「ハイカラ」の意味がわからない方はいるでしょうけれど、間違い方が素晴らしすぎたので、いまでも自分の記憶のなかにはこのときの発言が刻まれているのでした。

コミックエッセイで描かれているように、一層日本語の勉強がんばって。自分もスウェーデン語がんばります。元々出会ったきっかけは「お互いにお互いの言語を教え合おう」ということだったしね。

そして、私信。お探しの本はこちらです。

「スウェーデン史速歩き(ビネバル出版)」というもの。自分も店長も大学の授業のために購入をしたのであればウチに2冊あるかなと思っていたのですが、残念ながら1冊しかなかったので、ネットで探してみてください!少なくともジャングル奥地みたいな万能ショッピングサイトにはありましたので、なんとか手に入れられると思います。

あとは今日の出来事といえばイトウさんとの悪巧み。長時間に及んでの打ち合わせ…というか雑談というか。いいカタチになるといいですね。いつもご足労いただき、ありがとうございます。

登録したスウェーデン語絵本情報:
Mumintrollet 01 av Tove Jansson(トーヴェ・ヤンソン)

掲載エピソード:ムーミントロール/ムーミン一家/孤独な島

ビョルネン・ソベル

コメントを残す