ビョルネン日報

ビョルネン日報@18年02月03日(土)くもり

18年02月03日(土)くもり。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

まず営業日についてですが、2月6日(火)はお休みですので、次回の営業日は2月7日(水)となります。

また、しばらくメンバー固定となっていたため募集をしていなかった、土曜日の閉店後の「スウェコミュ(夜の部)」ですが、新規参加者さんを募集することになりました。こちらの次回開催予定日は17日(土)ですが、来週中に改めてお伝えします。

今日のリッラ・カッテン

ダイムクッキーが店頭に並びました。従来のスウェーデン伝統クッキーシリーズを基本として、1種類くらいオリジナルのクッキーを入れてみても面白いかもね的なことを店長は考えていたようですが、それがようやく具現化しました。

パッケージのデザイン的に、本来は「DAIM KAKA(ダイムカーカ)」の頭文字である「D」になるはずですが、すでに「DRÖMMAR(ドルンマル)」先輩がいるので、苦肉の策で「DA」となっています。「DA PUMP」がFeelin’ Goodな方は三十路ですね(関係ないけれども「かーくん」が誰だかわかっちゃう方は四十路という認識で正しいでしょうか)。

じつはほかにも店長が新しく作ってみたお菓子がお店に並んでいましたが、それらの紹介はまた機会があれば。

今日のまっしぐら

イーダさんからいただいた、ひな祭りのオブジェ。マディッケンにあげてもいいし、お店に飾っておいてもいいし、ということで。昨日の日報で紹介していただいたリースの作成をしていただいた上にこのようなものまで考えていただいて、ありがとうございます。

明日、マディッケンが起きたら見せてみようと思います。

そしてほかのマタタビさんからは干し芋をいただきました。聞くところによると自家製だそうで、すばらしいです。写真に撮るために2切れだけピックアップしてますが、結構な量の干し芋をいただき、ありがとうございます。

それにしても干し芋とは、店長の好みがわかっていらっしゃたのでしょうか。もしそうだとしたら、次にいただくものはきっとインドカレーか和風チキンカツサンドですね。

本日の駄文:今日もまかないシナモンロール

なんだか久しぶりに土曜日の日中にイベントがなく、”久米宏ラジオなんですけど”をリアルタイムで聴きながらこれを書いています。日中にイベントがないだけで、夕方からは従来のスウェーデン語コミュニケーションカフェがあるため、この後お店に行かなくてはいけないのですけれども。

そういえば、いつだったか朝の”伊集院光とらじおと”に大村崑(おおむらこん)さんがゲストに出ていてちょっと驚きました。まだ生きていたのか、と(失礼)。自分の記憶では「『おおむらこん』ってあの人だよね?」くらいの知識しかなかったのですが、この名前だけで誰だかわかる方はどれだけいるでしょうか。

田舎の山道をクルマで走るとき、「よくこんなところに住んでいるな」と思わせるような集落にポツリとある、トタン葺きの商店。その外壁についているホーロー看板に書かれた「元気ハツラツ!」の文字、そしてその横に描かれたずり下がったメガネをかけたオジサン…そうです、そのヒトです。そのヒトが大村崑さんです。

あの看板がいつから作られているかわからないけれども、ものすごい昔の産物のようなイメージだったので、その看板キャラクターを担当していたヒトなんてとっくにお亡くなりになっているものだと想像していましたけれども、まだ元気だったんですね。

ちなみにサラダ記念日の作者である俵万智さんも「まだ生きてたんですね」とよく言われるとラジオで言っていました。かくいう自分ももっと昔のヒトだと思ってたので、想像以上に若かったことに驚きました。

街中で見かけたあの看板、いつか絶滅してしまう日がくるのでしょうか。

ビョルネン・ソベル

コメントを残す