ビョルネン日報

ビョルネン日報@17年10月18日(水)はれ

17年10月18日(水)はれ。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

10月後期日程のスウェーデン語レッスンのお申込みを開始しました。今回はアストリッド・リンドグレーンの作品を読みながらスウェーデン語の文法への理解を深めます。また、21日(土)の回は従来とスタート時間が異なり13:30からとなりますのでご注意下さい。

今日のリッラ・カッテン

日曜日、「逗子市民まつり」でした、雨でした、おしまーい。

そのくらいに端折りたいほどのヒドい天気。足元のグラウンドのぬかるみ、対応してどうにかならんもんだったのかな。もうこの出店エリアに足を踏み入れることすら躊躇われるような泥んこエリアでしたから。自分のスニーカーも雨水と一体化していました。哀しみの涙でびしょぬれスニーカーぶる~す。

そんなドイヒーな雨のなか、お越しくださった皆様には本当に感謝です、感謝の涙でびしょぬれスニーカーぶる~すです。

この日のリッラ・カッテンはたくさんの常連さんに支えていただきました。この雨による客足の伸びに配慮してくださったのか、普段のお店で売っているものと代わり映えしないのに、たくさんのクッキーをお買い上げいただきました。本当にありがとうございます。

そして当店のブースを見て、「神武寺駅前の…気になっていたんです」というお客さんも多くいらしてくださいました。当日の売上は40点といったところですが、こうした出会いなどもあったわけで、総合的には60点の及第点といったところでしょうか。

店長に「来年は?」と訊いたら、「近いから出る」だそうです。ということで、もし来年も出店できたらリベンジしたいですね。

お越しくださった皆様には重ねて御礼申し上げます。

話しは変わります。

ただいま店頭にはカボチャを使用したお菓子が並んでおります。もちろんFCSは「カボチャのチーズケーキ」。地元の方に人気を博しているようで、やっぱり季節を強く感じられるお菓子っていいんですね。

スウェーデンとハロウィンの結びつきについては特に強いものではありませんが、地元の方からの支持をいただくことも大事です。

本日の駄文:今日もまかないシナモンロール

何も触れずに、しれっと普通に日報の主要部を書きましたが、ホームページのデザインを大幅リニューアルしました。いや、正確には大幅リニューアル”しています”。まだ予定していたページが全部できていないのですが、もう思い切って公開してしまわないと、いつまでたっても更新しないだろうと思ったので、未完成でも新規デザインに切り替えてしまいました。

これまでのホームページのデザインは、まだリッラ・カッテンのお店自体が完成していなかったときのものなので、お店の写真もなかったし、実際にどのようなお菓子を並べるかなども未知数の状態で作ったものでした。オープン1周年記念プロジェクトの一環として、以前から計画はしていたリニューアル作業についに着手したのです。

まだ公開できていないページやら、きちんとレイアウトされていない部分があったりしますが、ご容赦下さい。自分で使いながら、「ここはやっぱりこうした方がいいかな」と思ったところについては、まだ修正を加えていくかもしれません。

まあ、改悪だと評されなければいいなと思いますが、見どころを2つほど。

■ みどころ「1つ目」
パソコン版だとサイドバーに、スマホ版だとサイドナビを表示した際に、ストックホルムの気温と天気が確認できるパーツを置きました。ずっとむかしのブログでも配置していたのですが、復活させました。というのも、スウェーデン語レッスンの参加者さんがスウェーデンを訪れる計画を立てて、実際に渡航する時期が迫ってくると、気温が心配という声がちらほら聴こえてきていたのです。

というわけで、スウェーデンのリアルタイムな天気&気温がわかるパーツがあると便利だし、楽しいかなって。これからの冬、スウェーデン(ストックホルム)の気温がどんなものになるのか、乞うご期待。

■ みどころ「2つ目」
営業カレンダーとして、Googleカレンダーを導入しました。カレンダーを自作するのって結構時間が掛かるので、予定が変更になっても1度作成した自作カレンダーってなかなか更新するのが大変。ということで、文明の利器を活用することにしました。

Googleカレンダーの使い方に慣れない初見状態では使い方がむずかしいかもしれませんが、いろいろといじってみてください。

そんなわけで、リニューアル完了後は今後もこっそりゆっくりページを増やしていく予定です。コッチが完成したら今度はオンラインショップもリニューアル予定。クライアントワークじゃないから気はラクだけれども、デザイン作業が苦痛で仕方ない。

これからもお付き合いいただける方は、今後ともよろしくお願いします。

ビョルネン・ソベル

コメントを残す

営業カレンダー