ビョルネン日報

ビョルネン日報@17年02月04日(土)はれ

17年02月04日(土)はれ。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

土曜日。今日もたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。今日はめでたいことに、自分にとって「人生で最もアールグレイを注いた日」となりました。

マディッケンが熱を出したために店長は不在だったので、店長ファンの皆様にはすみませんでした。熱の原因はインフルエンザとかではなくただの風邪という診断で、念のために病院に連れて行った時点ですでにほぼ熱も無かったらしく大事に至らなかったことは喜ばしいことです。

自分は午後ゆっくりと店に行くつもりで午前6時まで起きていたのですが、マディッケンの熱のおかげで午前7時には起こされまして。店長と相談の結果、なんだかんだでほぼそのまま朝から一人で店番をすることになったので自身の体調が心配だったのですが、眠気を感じる暇もないほどの忙しさのおかげでなんとか一日を乗り越えました。気合ってすごい。(帰ってから夕飯後に3時間寝た)

そして今日は予期せず店長の大学時代からのご友人様が2組ほどお見えになりまして、東海大学カラーの濃い一日となりました。ちなみに土曜日に店長に会いに来てくださる方に業務連絡ですが、土曜日は保育園の迎えのために店長さん16時には居なくなりますので悪しからず。

さて、自身が店に顔を出したのは火曜日以来なのですが、練馬の「いわさきちひろ美術館」さんからチラシをお預かりしました。デンマークのイブ・スパング・オルセンに関する展示を開催されるとのことです。

正直なところ、スウェーデン以外の絵本についての情報は自分も店長もほとんど持ち合わせていないのですが、このオルセンさんの絵本って日本でかなりの数が翻訳&出版されているんですね。

リッラ・カッテンでの販売物はスウェーデンのモノが中心となりますが、チラシなどの告知物は北欧4カ国に関するものであれば置くようにしています。

“イベントの北欧関連度”および”チラシのクオリティ”によっては、こうやって店頭にも貼ってみたり。スペースに限りがあるものの、賑やかになっていいですね。

ところで、店内に貼ってある「Pettson&Findus(ペットソン&フィンダス)」ポスターを見て新たな発見が。パンケーキの作り方を図解しているポスターなのですが、『手順4』までだと思っていたのに、よくよく観察してみると『手順5』があったのです。

コレ。

「5 Ät!」と書いてありますが、日本語にすると「5 食べろ!」ってことですね。一瞬、知らない単語かと思ったら、動詞「äta」の命令形でした。

何気ない細部まで描きこまれているこの感じがスヴェン・ノードクヴィスト(Sven Nordqvist)作品っぽいですね。1ヶ月近く貼ってあったのに気が付きませんでした。

スヴェン・ノードクヴィストの魅力もいつか紹介したいな、と。

あと、実現できるかどうかはまだわかりませんが、店の奥の絵本棚横のスペースを活用できないものかと、あーだこーだ思案しています。ある程度のゴールは想像できているので、来週に時間ができればアクションを起こし始めようと思います。できればセムラのワークショップまでに完成させたい。

まあ、大した変化ではないかもしれませんが期待せずにお待ち下さい。

mvh ビョルネン・ソベル

コメントを残す