スウェーデン語絵本

スウェーデン語の絵本を、
原書でお届けします。

スウェーデンは絵本の輸出大国としての一面も持ち合わせています。海外におけるスウェーデン発の文学書の総売上額のほぼ3分の1を、児童・青少年の分野で占めているという統計もあるそうです。

日本で知られている作家には、「長くつ下のピッピ」などで知られるアストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)が。そして「ムーミン」のシリーズで知られ、フィンランド系スウェーデン人としてスウェーデン語で作品を書いていたトーヴェ・ヤンソン(Tove Jansson)の名を挙げることができます。

多くのスウェーデンの絵本が日本語に翻訳・出版されており、それらを読むことでスウェーデン絵本の分野に触れることも可能ですが、スウェーデン国内で消費されることを念頭に制作されたスウェーデン文化を背景にした作品もたくさんあります。

より深くスウェーデンの文化を知ることができるツールの一つとして、またスウェーデン語学習における助けの一つとして、リッラ・カッテンではスウェーデン語絵本を扱っています。

在庫のある書籍はネットショップで閲覧いただける状態にしていますが、店内では一部の主要なスウェーデンの絵本作家の作品を手に取っていただける形で本棚に収めてありますので、お気軽にご覧下さい。

営業カレンダー