スウェーデン語絵本はオンラインショップでも販売

ビョルネン日報@18年06月22日(金)はれ

2018.6.23

18年06月22日(金)はれ。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

現在お申込み受付している店内イベント

2018年7月のガイダンス開催日
  • 07月05日(木)16時~17時
  • 07月14日(土)16時~17時
  • 07月19日(木)16時~17時
  • 07月28日(土)16時~17時

店内で開催予定のイベント

今日のリッラ・カッテン

「Glad Midsommar!!」なんて言われても、日本にそんな習慣がないのでポカーン( ゚д゚)なわけですが、「夏至祭おめでとう!」という挨拶です。イメージしやすいところでいくと「メリークリスマス」みたいな?というわけで、スウェーデンでは夏至祭まっただなかですね。

写真は昨年にストックホルムのスカンセンという野外博物館で体験した夏至祭の様子。夢を壊すようで申し訳ないですが、正直なところヒト多すぎで大変なのでもうスカンセンでの夏至祭体験はいいかな。

今年、2018年は6月22日(金)が夏至祭前日にあたる日。そしてその日のさらに前日、スウェーデンの各地では地方で夏至を祝うためのクルマでの大移動が起こるみたいですね。さながら日本の帰省の時期に交通渋滞が発生するように。

昨日の夜はスウェーデン国営放送でもその渋滞の様子をレポートするための特番が用意されていたので、しばらくその様子を眺めていました。かつての「ズームイン朝!」みたいに、各地の特派員が現地レポートをする様子をスタジオに繋いだり、渋滞を避けるためのアドバイスをしたり、一応は報道番組の部類に入るのでしょうが、見事に渋滞のエンターテインメント化がなされていました。

ここ最近は勉強のためにスウェーデンのニュースサイトに目を通す機会も増えているので、お店で目ぼしい出来事がなくて書くことに困った日にはスウェーデンで話題になっているニュースについて書くかもしれません。

登録したスウェーデン語絵本情報:
Tuppens minut av Sven Nordqvist(スヴェン・ノードクヴィスト)

ペットソンおじさんは鶏小屋に10羽のめんどりを飼っています。ネコのフィンダスはめんどりたちにいつもちょっかいをだしては互いに追い回しています。フィンダスにとってめんどりたちはペットソンに次ぐ親友です。でもある日、ペットソンがめんどりたちのために一羽のおんどりを連れて帰ってきました。「みて、わたしたちにおんどりだって。なんてかっこいいのでしょう!」とめんどりたちは叫びました。でもフィンダスはそうは思いません。おんどりに自分の居場所を取られてしまうと感じていました。

ビョルネン・ソベル