スウェーデン語絵本はオンラインショップでも販売

ビョルネン日報@18年05月23日(水)あめ

2018.5.24

18年05月23日(水)あめ。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

現在お申込み受付している店内イベント

2018年6月のガイダンス開催日
  • 06月07日(木)16時~17時
  • 06月21日(木)16時~17時
  • 06月23日(土)16時~17時

今日のリッラ・カッテン

最近自分はスウェーデン語の絵本の世話ばかりなので、それに関することであれば結構書くことはあるんです。でもそれだと話題が偏ってしまうので、それならば日本海溝よりも深い人生哲学のハナシでも…とか考えたりしているうちに「みんなやっぱりそんなの興味ないよね」なんて、結局何を書くべきか迷ってしまう。

そんなところに店長から「にゃん太郎さんから商品が届いたから写真撮っておいた」なんて助け舟が。渡りに船、渡哲也にティアドロップのサングラス。

気が付けば東京蚤の市が今週末じゃないですか。そのタイミングでいつも店長の元職場の同僚・先輩であるにゃん太郎さん(プロ仕様ミシン所有者)にミシンを駆使して仕上げていただいた生地製品をお願いしているのですが、今回もベビースタイとコースターをつくっていただきました。いつもご協力いただきありがとうございます。

リッラ・カッテンとしては基本的にはできるだけ大量生産された工業製品を扱いたくないという方針なので(古道具&古本など誰かの手を経たものを除く)、にゃん太郎さんの手でひとつずつ手作りしていただくこれらの商品がカッテンで堂々と扱える唯一の雑貨です。

東京蚤の市ですべてが捌ききれるわけではないので(もちろん捌けてしまってもいいんだけど)、イベント終了後は店頭にも並ぶ予定です。

ビョルネン・ソベル