スウェーデン語絵本はオンラインショップでも販売

ビョルネン日報@18年04月17日(火)くもり

2018.4.18

18年04月17日(火)くもり。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

リッラ・カッテンにおけるスウェーデン語講座のレッスン体系が新しくなります。詳しくは後ほど。

今日のリッラ・カッテン

こういったマジメな告知の日には大人しく素直に作文をしたいと思います。余計なことを書くとややこしくなってしまいますから。

スウェーデン語レッスンの参加者さんが増えてきたことや、長く参加してくださっている方が次のレベルにステップアップすることなどもあり、リッラ・カッテンのスウェーデン語講座のレッスン体系を一新することになりました。

これまでは「初級A」と「初級B」というクラスの2つがあったのですが、これからは大まかに分けて「基礎」「応用」「実践」の3つとなります。そしてスウェーデン語に初めて触れるという方には、まず「基礎」に入っていただく前に1時間ほどの「ガイダンス」に参加していただくことになりました。

「ガイダンス」のなかで「スウェーデン語ってどんな言語」だとか「スウェーデン語の発音はこんな感じ」だとか、なんとなくスウェーデン語について知っていただこうと思います。木曜日と土曜日、月に1度くらい開催日を設けていくイメージです。

わかりやすくまとめますと、『はじめてスウェーデン語を始める場合は”ガイダンス”を受講していただく』ということだけご理解いただければ大丈夫です。

もちろんガイダンスを受けてみて、「やっぱりスウェーデン語はいいや」と、基礎コースへの参加をしなくても大丈夫。ガイダンスはまったくのスウェーデン語初心者さんしか集まらない場所なので、お気軽に。

ちなみに直近のガイダンスは「05月12日(土)14時~15時」と「05月17日(木)14時~15時」を予定しています。

ビョルネン・ソベル