スウェーデン語絵本はオンラインショップでも販売

ビョルネン日報@17年10月10日(火)はれ

2017.10.11

17年10月10日(火)はれ。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

現在お申込み受付している店内イベント

  • 近日中に10月後期日程のスウェーデン語レッスンの募集を開始します

今日のリッラ・カッテン

先日、スウェーデン語レッスンの参加者さんからいただいたプルーンがはいっていた紙袋を手にして「これ、いいじゃん」ということで、さっそく検索。いろいろな検索ワードを駆使したところ、無事にとあるネットショップで売っているのを発見しました。

もちろん購入&導入。これまでプレゼント用の簡易包装としてお渡ししていた紙袋よりも、地味ながらすこしだけプレゼント感がアップしたかと思います。取っ手が付いている分だけ持ち運びやすさは間違いなくアップ。

この1年、自分がお客さんとして街のお店を見るときの目は明らかに変わりました。「梱包資材にお金掛けてるな…」とか、「こうやるとオシャレに見えるのか」とか、いつも勉強させてもらっています。一朝一夕で”いいお店”はできないものですね。

お金を掛けてプロのチカラに頼ればスグに一式でオシャレな雰囲気に仕立て上げてくれるのだろうけれども、パッケージを他人に任せてしまうと自分たちの店ではなくなってしまうような気がしてしまってどうしても踏み切れない。お金の問題もあるけれども、こうやって1つずつステップアップすることも楽しみたいし。

幸か不幸か、まだまだ改善したいところが沢山あります。

本日の駄文:今日もまかないシナモンロール

「本日の駄文」と銘打っているハズなのに、最近なんだか書くことに気を遣ってしまっています。これはイカンイカン。

具体的に何に対して気を遣っているのかわかりませんけれども、今更ながらヘンな強迫観念があるのかもしれません。面白いこと書かなくちゃいけない、みたいな(実際に面白いことを書いているかどうかは別として)。いやいや、そんな場所ではなかったハズだ。ここにはもっと自由にさらりと思ったことを書けばいいのだ。

そんな葛藤があるわけですが、決意しました。明日からもっとつまらないことを書こうと思います、ものすごいつまらないことを書こうと思います。

ヨシ、これでハードルが下がった。明日は絶対に直感で決めた話題を書こう。

ビョルネン・ソベル