スウェーデン語絵本はオンラインショップでも販売

ビョルネン日報@17年05月09日(火)はれ

2017.5.10

17年05月09日(火)はれ。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

5月の営業日は変則的ですのでご注意ください
5月13日(土)から5月16日(火)はイベント出店によりおやすみさせていただきます。詳しくは以下の「営業日のお知らせ」か、店頭で配布している『かつぶし新聞』を御覧ください。

営業日のお知らせ@2017年04月&05月

遅ればせながら次回のスウェーデン語レッスン各種のお申込み受付を開始しました…が、スウェーデン語講座の木曜日コースはおかげさまで継続参加の方ですでに席が埋まっております。よって、もしスウェーデン語をこれから始めてみようと考えていただいている方は土曜日開催の初級Aにご参加検討をお願い致します。

今日のリッラ・カッテン

しばらく在庫切れのままになってしまっていたコレ。当店で提供しているスウェーデン洋菓子を中心にカタログ化したパンフレット、『スウェーデン洋菓子カタログ』です。

先代の『スウェーデン洋菓子カタログ』をお手に取っていただいた方には申し訳ありませんが、2つか3つくらいの商品は入れ替えたかもしれませんけれども、掲載内容はあんまり変わっていません。

右側の先代との比較。ちいさくコンパクトになりました。

何よりも工夫したのはサイズと、折りたたんだときの収まりの良さ。先代は紙がすこし厚めだったので、折りたたんでもバネのようにびょんびょんしてしまうのが気に入らなかったので、それを解消するために薄い紙を選択しました。

最近は用意されている印刷用紙だったり加工の得意・不得意、そして価格や納期などによって3つの印刷会社を使い分けるようになってきました。プロゴルファー猿が自作の木彫りドライバー1本でゴルフをプレイするように、1つの印刷会社があれば十分だと考えていましたが、やっぱり使い分けたくなるものなんですね。

印刷なんてどこの印刷屋さんに出しても一緒でしょ?というわけではないのです。

今日の駄文

先日まで「今日の駄文」にあたるパートを日報の先頭に書いていましたが、後半にもってくるようになってからかなり気持ちがラクになりました。いまは駄文パートの後ろにお店からのお知らせが控えているわけではないので、駄文パートが長くなっても大丈夫。まあ「今日のリッラ・カッテン」のパートも駄文みたいなものですけどね。

ところで、自分は精神状態によってパソコンに向かっている時間に何を耳にしているかが全然違ってきます。突然ですが、ここで問題です。最近この時間によく聴いているものは何でしょう?

3!

2!

1!

はい、では発表です。

正解はTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」でした。コメンテーターが山田五郎さんである木曜日から入門するのがおすすめ。アド街っく天国でニヤニヤしていることだけが仕事のヒトではないのです。

疑問符だらけでしょうけれども、どんな番組なのかは説明しませんよ。

ビョルネン・ソベル