スウェーデン語絵本はオンラインショップでも販売

ビョルネン日報@16年12月02日(金)はれ

2016.12.2

16年12月02日(金)はれ。今日一日、お店であったあんなことやこんなことだったり、思ったことなどを綴ります。

本日もブログの感想をいただき、ありがとうございました。過去の記事から読んでくださったということで、もはや自分が「そういえばそんなことを書いたっけ」というところまで遡って読んでくださったらしく、貴重な時間をそんなことに消費していただいたことに恐縮してしまいます。

とはいえ、「この時間泥棒!」のような罵詈雑言ではなく、わざわざ好意的な感想を伝えてくださるということは嬉しいことです。

よく「おもしろい」という感想をいただくのですが、「文化的内容を紹介するブログとして実に興味深い内容である」という意味なのか、それとも「滑稽である」という意味なのか判断に迷ってしまいます。だって、こんなにマジメに書いているのに後者なわけないじゃないですか。

さて、ついでにもうひとつ御礼を。この写真に写っている小さな手の持ち主について。ちなみに近所の公園で「『葉っぱ』銀行ごっこ」をやったときに撮ったので、手にはたくさんの『葉っぱ』を握りしめています。

そんなに多くの方の目に触れているわけではないだろうと、軽い気持ちで書いた四方山話のひとつだったわけですが、自分たちの想像を超えたところまで届いてしまい、「具合はよくなりましたか?」の声をちらほらいただきまして。心配の声を掛けていただいた皆様、ありがとうございました。

ウチのマディッケンはおかげさまで熱も下がりました。まだ鼻が悪いようですけどね。元気になる一方、最近は自己主張するようになってきたおかげで自分の意図通りに物事が進まないととても怒ります、そして泣き叫びます。

これからインフルエンザの季節にもなりますし、多くのお客さんからも「成長するにつれて、これからもっと大変だよ」と脅されもします。(もっと大変になるの?)

保育園を卒業するまで、あと3年くらいですか?最低でもそれまではリッラ・カッテンはおそらく日曜日は定休日なのです。

じつは今日は店で写真をぜんぜん撮らなかったのですけれど、自宅で数枚ほど撮りました。

スウェーデンのクリスマスらしい惣菜を提供しようということで、その一品の写真をいろいろ工夫して撮ろうと思ったのですが、やはり素人が撮ってもダメですね。やっぱりロウソクの火で雰囲気良く撮ろうとしてもうまくいかないので、この写真はなかったことにします。

mvh ビョルネン・ソベル